最近、若い人の間でかなりアニメが人気のようです。世界的にも日本のアニメは人気だという事ですが、大人になるとあまり観る気が起こりません。

日本で作られているアニメの数はかなり多いですし、声優さんやスタッフの方も以前の何倍にも増えていると思われます。それだけビジネス的にも成功しやすいのでしょう。
なぜ若い人を中心としてそんなに流行っているのだろう、と考えてみると気分転換や現実逃避という言葉が浮かびました。

ちょっと前の時代にはロックンロールなどもその役割を担っていたように思えます。村上春樹さんの作品も現実のようで現実には起こりそうもない作品がほとんどですし、それだけ現実から離れたいという方が多いのでしょう。