もはや世界中で携帯電話やスマートフォンを持ち歩くことが普通になってずいぶんと経ちます。そうわかってはいてもまだ慣れないことがあります。

それは、歩いていていきなり話しかけられたかと思ったらその人が電話をしていただけだったということです。これは外国人の場合も結構多く、そのたびに振り向いてしまいます。
その時は片手に携帯電話を持っているので「ああ、通話中だったのか」と思いますが、最近ではさらにイヤホンに付いているマイクで会話をしている場合もあります。

これは驚きます。すぐに判別できず、じっと相手を見てしまっています。

ただ、このタイプのイヤホンはかなり普及している割には使っている方をあまり見ないので、もしかしたら通話をしにくいのかもしれません。